【戦国ポーカーツアー】戦国ポーカーツアー2022 優勝ミッキーさんインタビュー

ミッキーさん、この度は戦国ポーカーツアーご優勝、おめでとうございます!

まず最初に、ミッキーさんとポーカーの出会いをお聞かせください。

 

 ポーカーをはじめたのは約3年前位のことです。

私は、元々ダーツをやっておりまして、行きつけのダーツ&ビリヤードのお店にて、そのお店(ARAI setagaya https://m.facebook.com/araisetagaya/?__nodl&refsrc=deprecated&_rdr)のオーナーがポーカー台を導入して、初心者を集めてやってみないかと声をかけてくださり、私もそれをきっかけに興味を持ち、はじめてやってみたのが出会いです。不定期ですが毎週土曜日、ポーカー会が開催されております。

 

 ここ1年位は、毎日のように Casino Live Tokyo に通っております。

とても雰囲気がよく、気持ちよくポーカーができるお店で、スタッフも個性豊かで楽しくお店を盛り上げて下さってます。タートル店長は何を相談してもすぐ快く応えてくれますし、私の潜在能力を開花させてくれたホームドクターのような存在で、心から感謝しております。大会で勝ち残るアドバイスもいただいて、自分なりにも勝負に直結するメンタル面も培うことができたと思います。

 

トーナメントに勝ち残る秘訣や、気をつけるべきことを教えていただけますか。

 

 それは、僕の宝ですから、秘密です。(笑)

 

 技術ももちろん大事ですけど、メンタル面も本当に大事だと思っています。

他のスポーツ、ダーツなども含めて、全部そうだと思うんですね。自己のメンタルを維持しながら、相手のメンタルを把握できなければ、上手いだけでは勝ち切れないと思います。

 自分の場合は、相手の発する熱量をキャッチしてそれを自分のアクションに反映させるという感じですが、これは私独特の感性でもあります。

 

相手をどう見るかという点ではポーカーのテルを見抜くという言葉にもありますが、メンタル面でもありながら技術面にも深いところでは直結していると思います。

 

Day1で印象に残っていることはありますか?

 

Day1でのラスト10分間です。

この時私は11万点位持っていて、ラスト10分で、オールインしてダブルアップを狙うのか、少ないチップでもDay2進出をとるのか非常に迷っていました。

そこで、同卓の方が「こんな砂利(僅かなチップ)じゃDay2は戦えない。」という言葉を残して、ハンド58でオールインして負け、残り5分の時に飛んでいったんです。

このくらい経験値のある方でも、このスタックでDay2に残っても戦えないのかと思いましたし、いっそのこと私もオールイン勝負をしたいと思いもありましたが、葛藤の末、そこは歯を食いしばって、8万点を残してDay1終了時刻を迎えました。

 

残ることを選び、その結果の優勝ですから、その選択は正しかったですね!

Day2はいかがでしたか?

 チップリーダーでFTに進んだのですが、サードチップリーダーの方と対決する場面がありました。自分はセットでとても強い状態でしたが、お相手はきっとそこが勝負どころだと思ったのでしょう、ターンでオールインが飛んできてもちろんコールしました。

お相手はフラッシュドローで、リバーで見事にフラッシュを引かれてしまいました。

 一撃で200万点を失い、「ああ、いい夢をみたな、ここまで楽しかったな…」と。チップリーダーから7番目のスタックになってしまいましたが、気持ちを切り替えて、一つでも順位をあげようとコツコツやっていたら、ハンドKKのご褒美がきてダブルアップでき、生き返りました。

 

 最終盤で残り3人、1人ショートで私とteruさんが同スタックという状況での出来事です。teruさんに対しポットサイズのベットをしましたが、teruさんは私にオールインをしてきました。私のハンドはナッツでオールインを受けざるをえなかったです。

相手はストレート・フラッシュともにドローがついているいわゆるモンスタードローの状態でターン・リバーが一枚また一枚とめくられていく瞬間の緊張感は忘れられません。

どちらが勝ってもおかしくない状態です。

リバーが捲られた瞬間、ポーカーの神が微笑んでくれました。

 

 teruさんは笑顔でテーブルをノックして私を優しく祝福してくださった。私はteruさんに最大のリスペクトと感謝の気持ちを、直接伝えられなかったですが、熱い戦いを共に戦ってくださりありがとうと心から言いたかった。きっと伝わっていると信じています。

 

勝敗が事実上決する瞬間の緊張感、決した時のお相手への想いや感極まる様子が伝わってきて、胸が熱くなります。あらためて、ご優勝おめでとうございます。

優勝で得た海外渡航費はどのように使われる予定ですか。

 

 せっかくいただいたので、有効に活用したいです。

自分がポーカーを続ける上で、またポーカーをエンジョイするために必要なものに充てていければと思っています。

 

今後の目標を教えてください。

 

 SPADIEも Casino Live Tokyoから出場したいと思っています。もう一発、大きく打ち上げたいですね。

 

これを読んでる皆さんへメッセージを最後にお願いします!

 

 今回優勝できたのは運の要素も大きいですが、Casino Live Tokyoに通うようになってから勝率は確実に上がりました。自分でも気づかなかった自分の可能性を見いだしてくださり、引き上げてくださった。

 私以外の皆さんにもこういったチャンスは同様にあるはずですので、皆さん、諦めることなくポーカーを続けてください。

奇跡は起こるものだし起こすものです。

私もこれからもポーカーを楽しんでいきたいです。

 

貴重なお話をありがとうございました。決定打となった瞬間とそのお相手への心情を語る時には、熱い涙を堪えながらのお話に、聞いているこちらも心打たれました。ポーカーとはカードゲームでありながらその瞬間瞬間の機微は誰しも心に残るほど感動を伴う素晴らしいゲームだとミッキーさんにあらためて教わりました。

 

SPADIEは次回5月21日から決勝が始まります!

皆さんもミッキーさんのおっしゃる通り、諦めず勝利へ向かって戦いましょう!

ミッキーさんの今後のご活躍にも大注目です!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

戦国ポーカーツアーのホームページはこちら

 

https://pokerjapan.jp/sengoku2018/

 

SPADIE FINALのホームページはこちら

 

https://pokerguild.jp/spadie/

 

ポーカーギルドのホームページはこちら

 

https://pokerguild.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です